延滞とブラックリストについて

カードローンの返済を延滞した場合のリスクとデメリットは、借入先の金融機関・貸金業者、そして個人信用情報に延滞したことが記録されることです。

事故情報とは金融取引に関するトラブルを表したもので、俗にいうブラックリストです。滞納による事故情報の登録は最終取引日から数えて5年~10年目が時効です。

一番気になるところは、1回でも延滞してしまうと、そのブラックリストに載ってしまうのか?ということだと思います。ブラックリストは、返済を3ヶ月滞納しなければ大丈夫です。1回~3回程度の延滞であれば、「何か事情があって振り込めなかったのかもしれない」と配慮してくれるところが多いようです。なので数日程度の延滞ならあまり心配する必要はありません。ただし、そうは言っても延滞を何度も繰り返していると、カードローン会社からの信用が低下し最悪の場合、カードが返済専用になり限度額がゼロになってしまう可能性がありますので注意が必要です。

またカードローンの返済を延滞すると、返済日に遅れた日数分だけ迷惑料が発生します。この迷惑料が「遅延損害金」です。カードローンの遅延損害金利率は、銀行も消費者金融も大体一律20%に統一されています。

お金は毎日の幸せのために使う

どんなにお金が好きだと言っても、自分が生きている間に使い切れない分は残ってしまいます。残ったお金は自分の子供とか自分の家族のような大切な人たちに分配されるならそれはそれでいいことですが、一生お金お金とお金のためだけに生きていてもむなしいということがわかってきました。
カードローンのご利用は計画的に
お金があったらああしたいこうしたいと大きな夢を見るのではなく、お金があったら今日何かおいしいものを食べるとか、自分が成長できることにお金を使いたいと思うようになりました。

人気のバッグ

いつだったかネットに載ったことで人気が大爆発したバッグ。
もちろん私もミーハーなので人気と聞けば欲しくなって早速販売店に行きました。

でも残念なことに完売御礼状態。
それでも諦めきれずにネットで少し高かったですが注文しました。

まだ私はバッグが届きませんが、その人気バッグを持っている人を見つけたんです。
そして可愛いなと注文して良かったと思いました。
それと同時にたくさんのものを入れすぎるとダサくなるなと学びました。
この学びを活かしてバッグが届いた時には控えめに荷物を入れようと思いました。主婦 即日融資

証券会社のセミナーに行ってみたことがあるんです。野村證券だったら大丈夫だろうって思ったので、平日なんて行くべきじゃなかったって思ってしまいました。

なぜなら、参加している人がご年配の人ばかりだったからです。そして、そういう人たちに対して、証券会社の人たちはアプローチをかけているので、若い人は興味ないらしいです。ちょっと扱いが悪かったので長居せずに帰ってきてしまいました。もうあんまり行きたくないかな~って思ったりしちゃってます。

友達に付いて行って美容サロンに行ったときのことです。
サロンでいろいろと話を聞かされて私も話に乗ってしまい50万円もする美顔器を買ってしまいました。
そのときはとても良いものを買ったと思いました。
でも、あとになって何って高いものを買ってしまったのだろうと後悔しました。
OL1年目の私には50万円という金額がズシンと響い来るようになったのです。
お小遣いのない生活が続き家賃や光熱費なども足りなくなりました。
お金を借りられるところを探したところ口座を持っている銀行のカードローンを知りました。
それで数か月は銀行のカードローンで借りて家賃や光熱費を払っていました。
せっかく高いお金を出して買ったのだから絶対にキレイになってやろうと思っています。
いまは毎日のように美顔器を使い美容に励んでいます。

ポイントカード

お財布にかなりの枚数のポイントカードがたまっています。頻繁に使うカードは4枚です。

今日はドラッグストアのポイントアップデーなので、少しまとめ買いをしました。

ポイントカードは1ポイント1円ですが、これが毎日の食材などを買うとけっこう貯まりますよね。

私はポイント2倍とか10倍の日にお米とかお酒をまとめ買いして、せっせとポイントを貯めているのです。

ある程度たまったら趣味の道具などを買うのが楽しみなのです。

初めてお金を借りるっていう人はhttp://xn--u8ja9pjas4o9dwe5nha0eufc.com/madamcardloan.htmlをご覧下さい!

ポインといってもお金と同じですから、ポイントでお買い物するのは楽しみです。

明日は10倍なので買い物に行ってきますね。

利便性の高まる消費者金融

近年では、消費者金融の利便性が高くなってきているのではないかと考えられており、多方面からクローズアップされています。積極的に消費者金融を活用していきたいと考える人が増加することにも直結する動向であるため、話題として取り上げられていると推測されています。

かつてに比べて低く金利で消費者金融のサービスを利用できるケースが見受けられるようになってきており、利便性の向上を後押しする要因のひとつとして挙げられています。今後もこのような動向が多方面で生じると考えられているため、利便性は更に向上するのではないかと思います。

母の誕生日にウォーキングマシンを買ってあげました。

健康のため母はウォーキングをしているのですが雨の日や夜は危ないてので歩かないようにしています。

そんなときでも運動がしたいらしくウォーキングマシンが欲しいと言っていたのです。

母が欲しいと言っていたウォーキングマシンをネットで調べると5万円ほどしました。

今の私にはそう簡単に出せる額ではありませんでした。

でも母にはいつまでも健康でいて欲しいと思っていますので買ってあげることにしました。

お金は銀行のカードローンを利用して用意しました。

私にはちょっと高い買い物になってしまいましたが母のためになり良かったと思うようにしています。

傘の置忘れに注意

雨の日に傘をさして出掛けて帰るころには晴れていると、持って行った傘をどこかに置き忘れることがあります。
ネット銀行 カードローン オススメ
1回2回くらいの間違いというか忘れ方くらいなら何とか諦められるけれど、何度もそんなことがあると雨の日に傘を使うのが嫌になってしまいます。
自分が忘れっぽくて注意不足なんだからどうしようもないけれど、そうわかっているのに気を付けていても傘をどこかへ置き忘れてしまうと新しい傘ばかり買うのでお金の無駄になるんです。

お得感がある商品

お特用袋に入っている商品が大好きなので、わが家はそういう商品をよく購入しています。
お特用袋というと探せば結構あるし、最近はスーパーマーケットのプライベートブランドがお得感があっていいと思います。
スーパーマーケトのプライベートブランド商品は、安い割にいろいろ充実しているのでいつも大量に購入しています。
損したと思う商品はまだありません。
マヨネーズとかケチャップはたくさん入っているのにとってもリーズナブルに購入できるので、他のブランド商品が買えなくなりました。
レイクについてはhttp://www.nordics2013.info/をご覧下さい!
いい意味でお金を使うと自分のチカラになると思います。そうなるためには正しいお金の使い方をしなくてはダメなわけです。

その場の勢いとか、安くなっていて今しか買う機会がないから...とか、そういう気持ちで物を買うんじゃなく「必要だから買う。買わないといけないから買う」という風に切り替えると良いです。
別にケチになりなさいと言っているつもりはありません。
必要な物は買えばいいのです。
必要な物がわからないから余計な物にお金を使っていることを知ることです。

半額割引してほしいのに...。

最近よく買い物に使っていたドラッグストアが半額割引をしなくなってしまいました。30%割引シールだったら商品に貼ってあるのに、半額シールを貼らなくなってしまったのでそこへ買い物に行かなくなりました。

やっぱり30%割引では得した気分になりません。半額シールが貼ってある商品を買うことが私の喜びでしたから、もう半額をしないのならその店に行く必要がないのです。

この頃そういう店が増えました。昔はよく半額で売っていた店が少なくなると家計が大変です。